人気の出会い系サイトって何が違うの?
本サイトでは大手が運営しているユーザが多い出会い系サイトのみ分析しながら、なぜ人気があるのかをしっかりとご説明しています。
ぜひ、人気の出会い系サイトに登録し、今後のプライベートを充実させてみましょう。

チャットで出会った既婚者の彼と

私が27歳の時のことです。私はとある出会い系サイトで彼と出会いました。当時私は二人の小さな子供たちの育児に追われ、趣味もなくただただ忙しい時間を過ごしておりました。

そんな私の癒しの時間がインターネットのチャットでの交流サイト。彼と最初にチャットした時は家も離れているし、お互い既婚者だったしネットを越えての出会いになるなんて想像しませんでした。ところが彼とネットでのデートを繰り返すうちにお互いが同じような悩みを抱え、共感できるものが多いことに気付いたのです。彼も私と同じ位の小さな子供がいて、奥様ともすっかり仮面夫婦で寂しい日々を過ごしているとのこと。私も普段の育児疲れを発散する場も相談する相手もおらず孤独な日々を過ごしていたので、お互いに心の隙間を埋める関係になれたらと思うようになっていくのは止めようがありませんでした。

彼は遠方にもかかわらずいつも私の家の近所まで来てくれます。待ち合わせ場所はいつもお決まりのラブホテル。そこで平日の子供たちが幼稚園に行き、主人が仕事に出かけた日中を彼とのデートで数時間過ごすのが私の至極の喜びであり楽しみとなりました。もちろん罪悪感がなかったわけではありません。その分を家庭では精一杯良妻賢母をそれまで以上に演じるようにもなっていき、表面上では以前よりも家庭が明るく温和になったかのような感じさえもありました。

彼との恋愛は私の心の支えであった半面、会えない時の寂しさ、彼が何気なく話す家庭での自分の夫として・父親としての姿は聞いていると辛いことが多く、彼の顔も知らない奥様に嫉妬したりもして、愛憎は表裏一体なんだな~と身を持って実感しました。お互い既婚者、これ以上どうすることもできない中途半端な関係に終止符を何度も自ら打とうとしましたが、結局彼を必要としてしまう弱い私がいました。

そんな彼との別れは付き合ってから3年後急にやってきました。彼の転勤が決まりもう本当に会えない距離に彼は行ってしまったのです。別れてから5年の年月が経ちました。今は私を女として一時でも輝かせてくれた彼に感謝しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です