人気の出会い系サイトって何が違うの?
本サイトでは大手が運営しているユーザが多い出会い系サイトのみ分析しながら、なぜ人気があるのかをしっかりとご説明しています。
ぜひ、人気の出会い系サイトに登録し、今後のプライベートを充実させてみましょう。

小さなカフェを経営する魅惑的な女性との出会い

七月下旬に、『ハッピーメール』という出会い系サイトで知り合った香奈。
北の都で小さなカフェを経営する彼女は、スタイルも身長も私の好みにピッタリでした。二十四歳の時、一度結婚したようですが、性格が合わずに直ぐに分かれてしまったそうです。二度の離婚歴がある私にとって、これも好都合なことでした。お互いに子供がいないこともあり、最初のメッセージから話が盛り上がりました。
「そうですか・・それじゃ、今度のお休みの日に一緒にドライブでもしませんか?」
「いいですね!できれば海が見える場所に連れて行って貰えませんか?」
「お安い御用ですよ、そんなこと(笑)」

約束の日は、朝から抜けるような青空が広がっていました。
昨晩から何となく落ち着かなかった私は、六時過ぎには目が覚めてしまい、髭を当てたり、スマホでニュースをチェックしたり、家を出るまでソワソワしていました。
(さて、もう九時だ。出かけるとするか・・)
約束の時間までまだニ時間以上もありましたが、愛車アコードのハンドルを握って家を出ることにしたのです。

待ち合わせ場所の地下鉄東西線円山駅には、九時半に到着しました。平日の午前とあって、人影も疎らでした。道路脇に停めた車の中でスムーズジャズをかけ、気分を落ち着けようとしましたが、無駄でした。その時、助手席に置いたスマホがけたたましく鳴り始めました。スクリーンに「香奈さん」という文字が浮かんでいます。ッセージで、前もって教えて貰っていたのでした。
– 今、どちらですか?
– もう円山駅に着いてますよ。
– え?早いですね。今から支度をして、部屋を出ようと思っていましたけど。
– ゆっくりと来てくれて構いませんから。
本当は、一刻も早く彼女の姿を見たかったのですが、大人の余裕を装ってそう応えました。

時計の針が十一時を回る直前、再びスマホが鳴りました。
– あの~、着きましたけど・。
– あ、分かりました。
急いでドアを開け、歩道の左右を確かめると、モスグリーンのワンピースを着た熟女がホワイトのパラソルを差し、こちらを見て白い歯をのぞかせているではありませんか。
「香奈さんですか?」
嬉しさのあまり声が少し裏返ってしまいました。メッシュの入った黒のストラップパンプスを履いた香奈が、小走りで近づいて来ます。額に汗が浮かんでいました。
「お待たせしましたぁ。ずいぶん待たせてしまって、ごめんなさい」
「いえ、私が勝手に早く来ただけですから」
香奈の顔に爽やかな笑顔が浮かんびました。少女のような好奇心に満ちた黒い瞳で、私を凝視しています。アップにされた黒髪。そして、うなじの艶めかしい後れ毛。彼女のすべてが、魅惑的でした。
「さて、どこに向かいましょうか?」
「じゃ、小樽の方へ向かいませんか?」
「そうですね・・・そうしましょう」

車のボンネットに反射する真夏の陽射しが眩しかったのでしょう、助手席に座る香奈はサングラスをかけ、真っ直ぐ前をみています。時折、視線を私に向けますが、気恥ずかしいのか、すぐに戻してしまいます。車内に流れるスムーズジャズと熟女の発散する微香で、私の気分は静かに昂揚し始めていました。
「何か冷たいものでも飲みませんか?」
「喉が渇きましたものね」

道路脇にある有名なファミリーレストランの駐車場に車を停めました。
ドアを開け、外に出ようとした瞬間、何かが私の中で弾けたような気がしました。おそらく真夏の暑さがそうさせたのでしょう。いきなり香奈の肩に手を回し、豊満な乳房を揉みながら、自分の唇で彼女の唇を覆いました。最初はびっくりする素振りをみせましたが、暫くすると私の舌に合わせるように香奈も舌を絡めてきました。
「ここではイヤ・・」

その一言でファミレスを後にした二人は、お互いの欲望を満たすためにシティホテルに向かいました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です